スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲレンデの貴(ry #2

で、足のプルプルに若干の老いを感じながら滑ってたんですけど

山の天気って変わりやすいですね^^

もっと上まで行こうぜーってことになって上行ったら

さっきまで晴れてたのに突然の吹雪。

やだなぁー俺ゴーグル持ってねぇよ。前見えねぇよバカ。

とか思いながら滑ってたんですけど、やっぱ上は傾斜が違うね。

しかもなんでコブとかあんの?

怖いじゃないか!!!!!><

とりあえず滑るんですけどパラレルできんと曲がれませんよ、あの傾斜わ。

ほぼ最短距離で傾斜を滑降する俺。

そして立ち向かうコブ

転倒

いっ痛くなんてないんだから!!!><
ちょっと冷たいだけなんだから!!!

っとツンデレを演じておりましたがどう見ても強がりです。

まぁ帰るまでにパラレルだけは出来るようになろうと必死に練習してたわけですよ。

だんだん慣れてきて大体スキー板同士が次第に並行になってきて、
曲がりなりにも曲がれる(あれ?)ようになってきたんですが
そこで油断するのが俺の悪い癖です。



ストック落としました。



リフトからポトッてね^^

しかもなんであんな取りにくそうなところなんだよちくしょう。

なんか山頂から上級者コースを通らなきゃとれないようなところに落としました。

もっぺんリフト乗ってストックの位置を確認し、山頂へ行ったんですがこれまた吹雪。

ストック1本で吹雪とかどうしろと。しかも上級者コース。

えぇ、手で顔を覆いながら必死にストックを探しましたよ。

いやこけまくりましたが。

知らん人に大丈夫ですか?とか聞かれてちょっと恥ずかしかったし。

ストックは誰も滑らんようなところに落としたんで、足をズブズブと雪にめり込ませながらもストックを40分程かけてようやく救出しました。

まぁハイライトはその辺です。あとは滑りまくってなんとかパラレルっぽく出来て、時間になったんで帰りました。

家帰ってから気づいたんですが、

右足の親指の爪、内出血してやがる。

痛いね^^

おしまい!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ウヘヘヘ

天候が吹雪で、場所は山・・・・。
思いつくシチュエーションは“山小屋に非難”。

「あっ、あんなトコロに山小屋が!」

とりあえず、燃えるものをかき集めて火を熾す。
・・・・するとそこに、人が飛び込んでくる。

若 い 女 性 だ !

そこでDAIJO氏が男前な口調で

「そんなトコロに立ってたら凍えてしまう。さあ、こっちへ。」

ウヘヘヘキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!






・・・・とはならなかったのね(苦笑)

俺人に何回もつっこんだことあるよ
まだ女につっこんだこともねえのにな
鼻水たらしながら謝罪したら
みんな許してくれたけど

収穫ありですねん

努力の甲斐あって希望の滑りが体得できた様子。
しかし、何故にストック落すんだょ。。。
ししょーは上級者用で滑るんですかね?
留寿都のてっ辺から滑り降りると、
数多のこぶを乗り越えて格好良いですが、
たどり着く頃には膝が大笑いらしいです。
当方は超初心者なので滑りませんよ。

しかしね、デカイjrはそこそこ滑るんですよ。
ですが、徐行状態で人を避ける為に顛倒して、
肩を外して以後癖になって現在も治療中。
何事も安全運転っすよ☆

しかし、今は春の地域が多いというのに。。。

>>師匠
それなんてドリフ?wwwww
そうか!山小屋が足りてなかったのか!!!!!
次行くまでに作っておきますwwwwwww

>>はぎ
君の鼻水は世界を救うよ^^
世界平和のためにその鼻水を世界中にぶちまけてくれ。
話は変わるがタイとかでは町中の人が人前でも平気で手鼻かむらしいな。

>>keyさん
ありゃま、早く治るといいですねー。
何気に俺もジャンプ台から飛んだんですが全く着地がサマになりませんでした。

滑れる人でも

というか、滑れる人だから無理するのか、
知人は山スキーで肩を外して自力で入れて、
その後放置していたら手術する事になり、
丁度2年さんの年齢くらいに一年くらい休学でした。
ししょーの山小屋、笑いましたよ。
ししょー方面で遭難したらマジでやばそうですね(汗
プロフィール

DAIJO

Author:DAIJO
作曲とかギターとかが好き。
あとインターネット見るとか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。